.

借金などの引き落し内容というものは、クレジットカード会社によって随分ずれがあって、いろんな手法がとられております。

一般的には残高スライド法やリボルディング法がとられているみたいです。

こうした誰もがご存知のリボですが、本当のことを言えば算出方式に多様な様式があるのです。

したがってそんな様式によっては返済合計額が異なってしまいますから、知ることで損をするようなことはないと思います。

そうしたら簡単にこれらの様式の相違について説明していきましょう。

一つ目は元金均等払いでもう一つは元利均等払いというものです。

これらはその名を冠する通り、元本に関してを一様に払っていくというものと、元本と利息についてを全部で均等に返済していこうという手法です。

この場ではたとえば10万円借金したと仮定して実際問題としていかような計算をするのかやってみます。

金利をいずれも15%として試算します。

リボ払についての額を1万円として計算します。

はじめに元金均等払いのほうからです。

こうしたケースの最初の返済に関しては1万円へ利率分の1250円を合計した引き落とし金額となります。

その次の引き落しに関しては1万円に対して利率1125円を計上した支払いになります。

こういうようにして総回数10回で返済を完了させると言う形式です。

一方で元利均等払いとははじめの返済については1万円でそこから元金へ8750円利率に1250円といった具合に割り振るのです。

次回の支払に関しては元本が8750円へと減少した状態にて利息を勘定しその1万円を再び分配します。

つまり、元利均等払いの場合では10回で返済が完済しない計算になるのです。

こればかりの違いで両者がどれくらい相異なっているのかがたっぷりわかったと思います。

元利均等というものは元金均等と比べてまぎれもなく元金が縮小していくのが遅延しているというような欠点というものがあったりします。

すなわち利子といったものを余分に支出すると言う状況になるのです。

一方、初回の支払いが些少な額で落着すると言う強みというものもあるのです。

こういう引き落し方式に関しての相違に連動して、引き落し合計額というのは違ってくるのでご自分の嗜好に合致する方針を採用するようにしてみてください。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.thedrowsyparrot.com All Rights Reserved.